免疫力を高める方法のすべて » 体の中の名医 万病に克つ免疫力とは » 体を守る警備員!免疫細胞の種類と働き

体を守る警備員!免疫細胞の種類と働き

それぞれ違った役目を持つ免疫細胞について、その種類と主な働きについて、ごく簡単にまとめたページです。

免疫細胞の種類と働き

一般的に免疫細胞と呼ばれるものはひとつではなく、いくつかの種類があります。またそれぞれの細胞は特徴的な作用をもっていて、異なる働きで免疫機能を果たしています。

では、具体的にみていきましょう。

白血球(免疫細胞群)

マクロファージ

アメーバのような形をした細胞で、細菌やウイルスなどを見つけると、その自由自在に変化する体で覆い尽くすように取り込んで消化していきます(貪食処理)。外敵が増えるとマクロファージも数を増やして対抗します。

取り込んだ細胞の情報を他の免疫細胞に伝達したり、免疫細胞を活性化する物質であるサイトカインの生成を促す働きもあります。

樹状細胞

主に鼻の中や肺、胃や腸、皮膚など体の外に通じている器官にいる細胞です。樹の枝のような突起がでていることから樹状細胞とよばれています。主に情報伝達の役目をしていて、外的の情報を自分の中に取り込んでリンパ器官へと運び、外敵を攻撃するT細胞やB細胞へとバトンタッチします。

リンパ球

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

体の中を移動しながら、外敵を見つけると即座に攻撃を始める細胞です通常、他のリンパ球は外敵の情報を他から受け取ってから攻撃を始めますが、NK細胞は指示を待たずすぐに攻撃します。

体の中を常に見回って前線を守っている重要な任務を持つ細胞といえます。

T細胞

T細胞は3種類いて、それぞれの役割を持っています。

  • ヘルパーT細胞:樹状細胞やマクロファージから受け取った情報を基にサイトカインなどを生成して免疫を活性化させます。ヘルパーT細胞には1型(Th1)と2型(Th2)があり、1型はマクロファージやキラーT細胞などを活性化させ、2型はB細胞を刺激して抗体を作るのを促す働きがあります。いわば1型が強硬派、2型は穏健派とでもいうところでしょうか。
  • キラーT細胞:樹状細胞から受け取った情報を基にがん細胞や感染した細胞を殺す働きを持っています。
  • 制御性T細胞:キラーT細胞のような殺し屋的細胞が、正常な細胞まで攻撃しないよう見張ったりその働きを制御する働きを持っています。

B細胞

骨髄の中で抗体を作る細胞。樹状細胞から連絡がくると攻撃型の抗体を作ります。それぞれのB細胞は得意分野があるため、自分の得意とするターゲットがやってくると抗体を作る働きがあります。過剰に働くとアレルギー反応を起こす原因となります。

顆粒球

  • 好中球
  • 好中球は白血球の血球成分の一つで、顆粒を生成し、白血球中でもっとも数の多い細胞です。マクロファージが細菌を捕食する「貪食能」に特化し、体に侵入してきたカビや細菌を捕食し、取り込む役割を持っています。アメーバのような動きで血管の中を移動しながら、侵入してきたウイルスや細菌が炎症を起こしている部位に集まり、殺菌していきます。また、捕食されたウイルスや細菌などは、好中球の器官であるリソソームと融合して殺菌され、加水分解酵素によって分解されます。

  • 好酸球
  • 好酸球は白血球の一種で、血球細胞の一つとして顆粒を生成できることから、顆粒球とも呼ばれています。血液・痰の中・鼻汁の中などさまざまな部分に認められます。数にして、白血球の約7%未満とそれほど多くはありませんが、寄生虫に対して体を守る免疫システムの一端を担っており、寄生虫によって人体がダメージを受ける場合の防御機能の一つとされています。現代では寄生虫による疾患が激減したため、体の免疫システムが花粉などの物質に対して反応してしまい、結果的に好酸球が自分の体の一部を傷害してしまうケースがみられます。

  • 好塩基球
  • 好塩基球は、好中球や好酸球と同じく、白血球の中で顆粒を産生できる顆粒球の一つです。もっとも数の少ない細胞集団の一つで、好塩基球から産生される顆粒には、ヒスタミン・ヘパリン・ヒアルロン酸などがあります。好塩基球には免疫システムに関わる何らかの機能があると言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法