免疫力を高める方法のすべて » 体の中の名医 万病に克つ免疫力とは » 病気のヒットマン ナチュラルキラー細胞(NK細胞)とは

病気のヒットマン ナチュラルキラー細胞(NK細胞)とは

免疫細胞の中でも攻撃的な役割を担い、病気を回復させるためには欠かせないナチュラルキラー細胞について、具体的に解説していきます。

ナチュラルキラー細胞の基本

ナチュラルキラー細胞は、殺し屋やヒットマンといった異名を持つ免疫細胞です。

生まれ持った免疫機能の中でも特に強硬派で、侵入者の細胞や変異した細胞など本来あるはずのない細胞を見つけると、直ちに攻撃を始めます。

実はこれまでの研究の中で、ナチュラルキラー細胞は生まれつき殺し屋ではなかったことがわかっています。

成長する段階でいろいろな試練に遭いながら適応して、殺し屋の機能を身に着けたとされています。

またナチュラルキラー細胞は他の免疫細胞に情報を送り込み、T細胞のような攻撃的な細胞を活性化する働きも持っています。

キラーT細胞も同様に、がん細胞などを抑えることができますが、ナチュラルキラー細胞ほどの強い攻撃力を持っている免疫細胞はほかにないとされています。

NK細胞とがんの関係

ナチュラルキラー細胞は、特にがん細胞に対して非常に重要な役割をもっていることがわかっています。

健康な人にもがん化した細胞が常にあるとされています。しかし、ナチュラルキラー細胞がこのがん細胞を見つけると即座に攻撃・排除して、増殖を防いでいるのです。

ナチュラルキラー細胞は、常に単独で行動しながら体中を巡っています。ですから異常な細胞をすぐに見つけられると同時に、独自の判断ですぐに攻撃を始めるというわけです。

こういった即効性のある対処をしているナチュラルキラー細胞のおかげで、がんは発症せず消えているといえます。

ただもし何らかの原因で免疫力が低下すると、がん細胞の増殖を抑えることができなくなり、がんを発症してしまいます。

またナチュラルキラー細胞から情報を得て免疫活動を行っているT細胞は、がん細胞の変化に追い付かず攻撃できないことがあります。

ナチュラルキラー細胞は、とにかく正常でなければ攻撃せよ!というスタンスなので、がんに対しても大変有効な免疫細胞なのです。

ただ、既にがんを発症した人の体の中では、ナチュラルキラー細胞やそれ以外の免疫機関の働きは抑え込まれています。

これは、がん細胞を免疫機能が働かないように抑え込んでいるからです。つまり、免疫細胞ががん細胞の催眠術にかかり、活動を休眠させられた状態にあるのです。

NK細胞を活性化させるには

ナチュラルキラー細胞は生まれつき持っている自然獲得系の免疫機構ですが、残念ながら年齢と共に働きが弱っていくことがわかっています。

不思議なことに、ナチュラルキラー細胞の数は、生まれた時と比べて20~30代では全体のリンパ球の10~15%であるのに比べ、50~60代になると20%程度まで増えることが報告されています。

しかし攻撃力は年齢と共に衰えていき、15歳くらいをピークとして減少していくのです。

そんなナチュラルキラー細胞を活性化させるコツを紹介します。

  • タバコやアルコールを控える
  • 適度な運動
  • 良質の睡眠
  • よく笑いストレスの解消を心がける
  • 十分な休養
  • 体温を下げず上げることを心がける
  • バランスの良い食事を心がける
  • 足りない栄養素をサプリなどで補給する
  • 薬に頼り過ぎない

ほんの少しの注意でできることがほとんどですので、普段から気を付けるようにしましょう。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法