免疫力を高める方法のすべて » 体の中の名医 万病に克つ免疫力とは » 免疫細胞はどこにいる?免疫力と腸の関係

免疫細胞はどこにいる?免疫力と腸の関係

病気を撃退する免疫細胞は、どこで生まれてどんな風に働いているのか? 発生から活動の過程や特徴について、わかりやすく解説していきます。

免疫細胞と腸のただならぬ関係

体の中で最も免疫力を発揮する場所、それはです。意外だった人も多いのでは?

生き物のほとんどは、口から肛門までひとつのトンネルのように繋がっています。何かものを食べれば、食道から胃を通り十二指腸へと進んでいく。私たちの体の中は、空洞になっていて外とつながっているのです。

そのため外からくる病原菌なども、体の中に簡単に入ってきてしまいます。こういった病気の元となる外敵を食い止めるのが、腸に多数住み着いている免疫細胞なのです。

腸にはなんと体全体の免疫細胞の6割が住み着いています。また、腸は第二の脳とも呼ばれ、口から入って腸までたどり着いたものが、害か無害かを診断する働きを持っています。

全身の皮膚の200倍の面積を持つといわれる腸の粘膜には、リンパ球とよばれる免疫細胞がたくさん集まって、リンパ組織という防御層を作っています。そして、体に害があると判断されたものは、このリンパ球が攻撃して外へ排出するという仕組みになっているのです。これが免疫力です。

免疫細胞の生まれと育ち

免疫細胞はすべて骨髄で作られ、そこで2つのルートに分かれて活動していきます。

ひとつのルートはそのまま骨髄で育ち、血液とともに体へ送られる免疫細胞(マクロファージや樹状細胞、NK細胞、B細胞など)。

もうひとつのルートは胸腺という心臓に近くにあるリンパ器官に送られて、さまざまな役割をもつ実戦的な免疫細胞へと育てられるというもの。ここに送られた免疫細胞はT細胞キラーT細胞などの、免疫能力の高い細胞に育成・厳選され、血液に乗って、体内へ排出されます。

胸腺は加齢とともに、脂肪組織に変わっていき、無くなってしまいます。一説によると、加齢とともに免疫力が衰えるのは、胸腺がなくなるためとも言われています。中高年と言われる世代に入った方は、具体的に免疫力を高める対策を考えた方がいいのかもしれません。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法