βグルカンの効果

βグルカンの働きについての詳細や、βグルカンの健康効果を紹介します。さらに、どういった病気・症状に効果を発揮するのかもまとめました。

βグルカンの作用とは

βグルカンには免疫力を高める効果があると以前からいわれてきました。

その証拠に、βグルカンを豊富に含む霊芝(サルノコシカケ科)やアガリクス(ハラタケ科)は、健康に良いとして昔から薬として使われています。その効果は今でもおおいに注目されていて、飲みやすいサプリメントとして商品化されて活用されています。

体の免疫機能には、マクロファージやリンパ球などが大きく関係しています。実はこれらの免疫細胞は、βグルカンと結びつくことで活性化されることがわかってきました。βグルカンが体内に入ると、上の免疫細胞を刺激するため免疫力が高まるのです。

以上の働きを生かして、漢方の本場中国では生薬として医療現場でも活用されてきました。また日本でも、βグルカン製剤として抗がん剤などに使われているそうです。

βグルカンの健康効果

βグルカンの持つ代表的な健康効果について解説します。

免疫力を高める

βグルカンは体内で、マクロファージやリンパ球、ナチュラルキラー(NK)細胞、白血球などの免疫細胞を活性化する働きを持っています。

これらの細胞が活発に機能することで、インターフェロンなどの免疫物質の生成を促したり、体外から侵入したウイルスなどの病原菌などを撃退する力がアップできます。

つまりβグルカンを積極的に摂取する習慣をつけておけば、風邪やインフルエンザ、アレルギーなどの予防にも効果に期待大なのです。

がんの抑制

そもそもがんは、正常な細胞が何らかの原因でがん化することから起こります。

細胞ががん化する理由やメカニズムは明確にはわかっていません。ただβグルカンが持つ免疫細胞の活性化によって、がん化した細胞を抑制することが認められています。特にβ1,3Dグルカンにがんの抑制効果のあることが近年の研究によって明らかになってきました。

コレステロールを下げる

βグルカンは不溶性食物繊維のひとつで、水分を吸収して便として排泄させる効果を持っています。

その際、体内のコレステロールを一緒に排泄してくれるので、結果としてコレステロール値が上がるのを抑えてくれるのです。したがって、便秘の解消や血糖値が急上昇するのを抑え、高コレステロールが原因で起こる動脈硬化や高血圧などを防ぐことができます。

腸内環境を整える

不溶性食物繊維のβグルカンは腸内の不要な物質をしっかり排泄する働きがあります。便秘解消につながり、この働きで腸内環境が良くなります。

それ以外にも効果があるとされている病気

βグルカンはほかにも、以下に挙げる病気・病状に効き目があるとされています。

風邪(風邪)やインフルエンザ(インフルエンザ)、豚インフルエンザ、アレルギー、肝炎、ライム病、喘息、耳の感染症、高コレステロール血症や糖尿病、癌を含む乳癌、HIV/AIDS、慢性疲労症候群や物理的および感情的ストレス、化学療法や放射線治療後の人、老化、潰瘍性大腸炎およびクローン病、線維筋痛症、関節リウマチ、多発性硬化症、皮膚炎や湿疹、しわ、褥瘡、創傷、熱傷、糖尿病性潰瘍、放射線火傷など

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法