免疫力を高める方法のすべて » 思い当たるのはどれ?免疫力低下の原因 » 低体温だと免疫力が低下してしまう原因と対策とは?

低体温だと免疫力が低下してしまう原因と対策とは?

免疫力が低下する原因には、実に様々なものがありますが、その中の原因の一つに平均体温の低下があると言われています。

実は体温は、免疫系に大きくかかわっているとされています。人間の体は、低体温の状態が長く続いてしまうと、病気にかかりやすくなってしまいます。

今回は、低体温であることがなぜ免疫に関係し病気に罹りやすくなるのか、そして、低体温の対策についてご紹介したいと思います。

低体温はなぜ免疫力の低下と関係があるのか

体温計

最初になぜ低体温であることが、免疫と関係しているのかについてご紹介します。

(1)血液の流れと体温

血液が良くなることで体温が上昇し、体温が高くなることで血液の流れが良くなります。このように体温と血流は影響しあっています。

血液の中には、様々な栄養素や酸素、そして病気と闘うための白血球や、その他免疫機能を持った細胞があります。さらに老廃物の排泄などにも血液が関与しています。

通常、この白血球は血液の流れに乗って、体に侵入したウイルスなどの異物などを発見すると戦ったり、駆除したりしてくれます。つまり、体温の上昇によって血液の流れがよくなることで、免疫機能がよく働くことになるのです。

体の外からウイルスなどの病原菌が入ってきても、白血球がしっかりと戦える状態になっていれば、病気には罹りにくいということになります。

これが、体温が上がることで、免疫力が上がると言われる一つの理由です。

(2)酵素の活動

「酵素」というのは、人の体の中でいろいろな代謝に利用されているものです。人が活動を行うこと、ひいては生きて行く上で必要不可欠なものです。

この酵素と体温も関係していると言われています。一般的には酵素の働きは36.5度から37.0度の間で、活発になります。

つまり、日常的に低体温になっている人は、酵素の働きが鈍ってしまっている状態とも言えるのです。低体温の状態だと、酵素の活性が落ちて、免疫力も低下してしまいます。

さらに体温の下がりやすい冬場の乾燥も合わさって、秋、冬は両側面から、病原体への抵抗力が下がってしまいますので、さらに免疫力は低下してしまいます。

(3)エネルギー代謝

人が本来活発に動ける体温は、36.5度前後と言われています。この状態から体温が1度下がってしまうことで、エネルギー代謝はガクッと下がってしまいます。

一般的には体温が1度下がると12%もダウンすると言われ、エネルギー代謝が下がってしまうと、老廃物の代謝や、栄養をエネルギーに変換することができにくくなるので、病気になりやすいとされています。

このように、エネルギー代謝という面からみても、、体温と免疫力は非常に関係が深いのです。

体温が上がると自律神経も整う

体温が上がることで、先ほど説明した免疫力が下がる要因が改善されることと、「自律神経が整う」ことで、免疫力に良い効果をもたらします。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」と呼ばれる神経からなり、これらは互いにバランスをとって、人の活動に深く関係しています。

緊張している状態だと、交感神経が優位に動きます。交感神経は体温が下がっているときにも優位になりやすいです。交感神経が優位になると、血管が収縮したり、血圧が上がったりします。

反対にリラックスしていると副交感神経が優位になり、血管は開き、血流が良くなります。体温が高い人は副交感神経が優位になりやすいです。

このような関係から、体温が上がることで交感神経と副交感神経とのバランスがとれ、それらが「免疫力を上げる」ことにつながっていきます。

体温を上げるための方法

クラウチングスタートする女性

それでは免疫力アップのために、生活習慣を見直して体温を上げる方法をご紹介します。

(1)筋力をつける

今日は運動不足の人が多く、それによって筋力が低下している人も多いです。実は低体温の原因のほとんどは、筋力の低下が原因と考えられています。

筋力は生き物の熱生産機関として大きな役割を占めているため、筋力が低下することで、体温は下がってしまうのです。

そのため、しっかりと運動を行い、筋力をアップさせることが大切です。

一番簡単にできるのは歩くことです。毎日ウォーキングの時間を設けるということではなく、はじめは、いつもより少し長く歩いてみるということを意識することが大切です。

一日30分歩くということが、運動の一つの目安になりますが、まずは通勤時にいつもより一駅先で乗ってみるとか、エレベーターを使わずに階段を使ってみるなど、簡単にできることでいいので運動の習慣をつけることが大切です。

できるようになったら少しずつ距離を伸ばし、スクワットなどの筋肉トレーニングなども取り入れるとより効果的です。

(2)入浴方法を見直してみる

夏場や忙しい時には、シャワー浴で済ませている人も多いと思いますが、入浴時は湯船に浸かって体を温めることが、免疫力の活性化に繋がります。

シャワー浴でも体が温まったように感じますが、体の深部から体温を全体的に上げるようにした方が効果的なので、湯船に浸かることをおすすめします。

お湯の温度は、体温よりも4度くらい高めに設定するのが理想と言われています。熱すぎると交感神経が刺激されて血管が縮んでしまい、血流が悪くなります。

半身浴で15分ぐらいを目安にすると、汗をかいて老廃物の排出も促進されますので、免疫力アップに効果が高いと言われています。長く浸かるのが苦手な人は、足浴だけでも効果があると言われていますので、試してみてください。

(3)食生活の見直し

食事によって体温を上げることも可能です。この世の食べ物は大きく「体を温めるもの」と「体を冷やすもの」の2つに分けられます。

今回は体を温めるものを中心にご紹介します。

まずは飲み物ですが、「紅茶」「生姜湯」などは、体を温める飲み物として有名です。生姜湯は市販のものもありますし、自分で作るのも特別難しいところはありません、肩こりなどに効果があり、蜂蜜などをブレンドすることで飲みやすくなります。

体を温める食べ物のことを「陽性」と呼びますが、山椒や胡椒、唐辛子のような香辛料はその代表的なものです。辛いものを食べると汗をかき、体が温かくなるのを感じたことがある人も多いと思います。

「人参」「鶏肉」「マグロ」などの赤い色をしたものも、比較的体を温めやすいと言われています。

「鯛」や「鰻」「山菜類」「ニラ」「葱」なども体を温めてくれます。

これらに含まれるタンパク質は筋肉を作る原料ですし、鶏肉などの肉類や山菜、ネギなどを入れた鍋料理などは、体を温めるのにうってつけの料理です。

生姜を入れたスープなども飲みやすく、体温を上げる効果の高い食べ方です。

低体温と免疫力低下に関してのまとめ

現代社会で生きる人は、運動や生活習慣の変化から低体温になりがちです。

体温は体の様々な機能に影響します。

「血液」「酵素」「エネルギー代謝」などに関与して、これらの影響から免疫力の低下を招きます。低体温が健康にあまり良くないというのは、こうした機能が低下することから言われています。

しかし、低体温の人でも生活習慣や食習慣を見直すだけで、体温を上げることもできます。

様々な方法がありますが、「運動」はその中でも免疫力だけではなく、筋力アップという面からも健康増進が期待できるので、おすすめです。

本記事で紹介してきた方法以外にも、マフラーや腹巻き、マスクなどの防寒対策でも体温を上げることは可能です。

免疫と体温の関係をしっかりと理解して、少しでも免疫力をあげるために行動していきましょう。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法