免疫力を高める方法のすべて » 本当は防げた?免疫力低下が引き起こす症状と病気

本当は防げた?免疫力低下が引き起こす症状と病気

このカテゴリでは、免疫力の低下によって引き起こされた症状や病気について、その成り立ちや免疫力との関係についてわかりやすく解説します。

免疫力の低下が招いた体の異常

身体を守るために働き続けている免疫力が、何らかの原因で低下したために起こる様々な症状や病気。そんな身体の異常の中には、ウイルスや細菌による感染が原因のものや、自らの細胞に異常が起こって発症してしまったものなどがあります。

風邪などの軽い症状から、がんや白血病のように重篤なものまで幅広い範囲で、免疫力の低下が引き起こしているのです。重大な影響を見過ごすことはできません。

ずいぶん前から、日本人の死因のトップにがんがのぼっていることからみても、現代人の生活は常に病気と隣り合わせと言ってもいいでしょう。

また感染症においても、健康な状態ならそれほど症状が出なかったはずなのに、さまざまな症状に苦しんだり治療を余儀なくされることもあります。

これも免疫力が低下していることが原因で、細菌やウイルスに対処しきれなかった結果を示しています。

このように免疫力が高い状態なら、乗り越えられたはずの病気や症状が、免疫力が低下していたために悪化、あるいは発症してしまったといえます。

以下では免疫力と大きく関係している代表的な病気をあげていきます。

  • がん
  • 白血病
  • 感染症(インフルエンザ、結核など)
  • 中毒症(サルモネラ菌、大腸菌、クリプトス菌など)

がん

日本人の死因のなかでもトップといって間違いないのが、がんです。身体の免疫力が低下することで、弱まった身体内にがん細胞が増えてしまうのです。また、がんに罹患してしまった際に、免疫力が落ちてしまうケースもありえます。

白血病

「血液のがん」といわれるのが白血病です。現在の医学でも、白血病の原因はひとつに絞り切れていません。ただ、言われていることは、ひとつの原因として「免疫力の低下」があげられます。また、白血病に罹患したら免疫力が低下する可能性も。

感染症

インフルエンザや結核などの感染症は、免疫力が低下することで引き起こされます。感染症の種類や危険性には、様々あり。「最近、風邪をひきやすくなったかな…」だけに思わず、油断は禁物です。免疫力を高めるための努力が不可欠です。

中毒症

サルモネラ菌や大腸菌、クリプトス菌などの中毒症。身体内にはびこる有害な菌を排除できず、中毒症に罹患しやすくなるのは、免疫力の低下が原因です。

以上にあげた病気は大病のレベルです。病中や病後に関わらず、日常から免疫力を高める工夫をしていきましょう。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法