パン酵母

毎日目にするパンに含まれるパン酵母を上手に摂ることで免疫力を高める方法について。正しい摂取法やその効果について具体的に説明します。

パン酵母の特徴やβグルカンとの関係性

パン酵母はイースト菌という名でも有名です。パン酵母の細胞壁にはβグルカンが豊富に含まれていることが分かっています。

パン酵母から抽出されるβグルカンは、β1,3Dグルカンとよばれる最も健康効果が高いことで知られるタイプ。キノコ類などからもβ1,3Dグルカンが抽出されるものの、パン酵母ほど安定した含有量と純度60%の純度の高さのものは少ないことから、パン酵母由来のβグルカンが世界中で活用されています。

長年の研究で酵母の発見に始まり、1941年にはパン酵母(イースト菌)からはじめてβグルカンが抽出されました。

その後1960年代になってあらためて、高分子多糖体にβ1,3Dグルカンと名付けられた歴史があります。2005年には日本製のβグルカンが販売。乳白色をした米国製とは異なる、白色をしているのが特徴です。

パン酵母由来のβグルカンには、免疫力の向上をはじめ腸内環境を整え、疲労回復や糖の吸収抑制などの効果があるといわれています。

>>免疫力を高めると評判のβグルカン含有サプリメントを紹介<<

選び方や摂取の仕方は?

パン酵母由来のβグルカンを選ぶ際には、まず含有量を確認しましょう。内容量と含有量をきちんと把握して、最もたくさん配合されているものを選ぶことが大切です。

また、βグルカンは純度が重要です。単に「高純度」と記載されていても、実際にはわずかしか含まれていないということも。しっかり確認するのが大事です。化学薬品などを使わず、安全な天然酵素を使った商品を選んだり抽出方法にもこだわりたいものです。

中には、パン酵母由来と記載されていても、増量剤や添加剤などで量増ししているものもあるようです。セルロースや他の食品由来の成分を混ぜたりしているものもありますので、注意しましょう。

また、パン酵母由来のβグルカンは、1日の摂取量500~1,500mgくらいが目安といわれています。

ただし、この摂取量をパンで補うのは大変。そのためにもサプリメントを活用するといいでしょう。パン酵母由来のβグルカンには、過剰摂取による副作用がほとんどないこともわかっています。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法