マイタケ

とても身近な食材でありながら、優れた健康効果で漢方薬としても歴史の長いのがマイタケ。効果の実態や摂り方、選び方などを解説します。また、注目のβグルカンとの関連性についても触れました。

マイタケの特徴と働き

マイタケは、多くの種類があるキノコの中でもサルノコシカケ科で霊芝の仲間です。独特の香りとうま味、何とも言えない食感でスーパーでも人気の食材としてよく知られています。

非常に数が少なくて、なかなか手に入らなかったことから昔は「幻のキノコ」と呼ばれていました。時にはマツタケ以上に希少価値のあるキノコとも。

近年では人工栽培技術の向上によって、ごく一般的に見かける食材となったものの、天然ものは今でも非常に貴重なものとして扱われています。貴重な理由は、マイタケに含まれている豊富な栄養成分。マイタケには以下のような成分が含まれています。

  • カリウム、鉄、亜鉛、ナイアシン
  • ビタミンB群、ビタミンD
  • エスゴステリン(カリウムの吸収を促す物質)
  • 食物繊維
  • 多糖類(βグルカン)

中でも多糖類であるβグルカンは、体の免疫機能に働きかけてバランスを調整する作用をもっています。その働きで免疫力が向上し、細菌やウイルスを排除。さらにはがんが増殖するのを抑制してくれる作用があるとされています。

マイタケに含まれるβグルカンとは?

マイタケに含まれているβグルカンは主にβ1,6Dグルカンです。実はマイタケのもつβグルカンから精製されるMD-フラクションには、非常に高い抗酸化作用があることがわかっています。

また、マイタケに含まれているX-フラクションという物質には、コレステロールの生成を阻害し、排泄を促す作用があります。そのためコレステロールを下げる効果があるとのことです。

さまざまな成分の効果で、免疫力を高めてがんの抑制や予防効果、抗がん剤の副作用の緩和、動脈硬化や高血圧、高血糖などの生活習慣病の予防や改善に効果があるといわれています。

>>免疫力を高めると評判のβグルカン含有サプリメントを紹介<<

マイタケ製品の選び方や摂取の仕方は?

マイタケは人工栽培されたものが、店頭に並んでいます。天然ものは希少価値が高く、目にすることは難しいのです。

1日の摂取量としては、35~55gを毎日継続して摂取することで健康効果が期待できます。ただ、毎日食卓にマイタケを使うのは意外に難しいもの。そこでサプリメントなどを使うのがおすすめです。

マイタケに含まれている成分をエキスにすると150~200mg、粉末では5~6gが適量とされています。実際にはマイタケに含まれている栄養成分がどの程度含まれているかがポイントになるので、βグルカンやX-フラクション、MD-フラクションがどれくらい含まれているかをチェックしましょう。

身体として摂取する場合、マイタケの新鮮さが目安です。そこで、マイタケの上手な選び方のポイントを解説します。以下、ご覧ください。

  • かさの部分の色が濃いものや、肉厚で光沢があってハリのあるものを選びます。
  • 軸の部分は固くつかむと折れるくらいに張ったものが新鮮です。
  • パッキングされている場合には、内部に水滴がついているものはパックされてから時間が経っている証拠です。

ある報告によると、マイタケにはごく微量ではあってもシアンが含まれているといわれます。過剰に摂りすぎたり、しっかり加熱していないものを食べると、時に中毒を起こすこともあるそう。

マイタケに含まれているβグルカンから精製されるMD-フラクションは熱に強いので、しっかり加熱してもその効果は維持できます。

そういった点から見てもサプリメントはオススメ。ただし、信頼できる会社で製造されているものを選ぶことが大切です。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法