メシマコブ

長崎の女島で発見されたメシマコブは、免疫力アップの効果で注目されています。サプリでの効果的な摂り方や、選び方などをレポートしています。また注目のβグルカンとの関係性についてもまとめています。

メシマコブの特徴・効果と働き

メシマコブは、長崎県の女島で発見されたキノコです。「担子菌類ヒダナシタケ目タバコウロコタケ科キコブタケ属」という長い名前に分類されています。成長速度が遅いうえ、人工的に育てることが非常に困難なため、希少とされてきました。

桑の木に寄生するこぶのような形をしたキノコなので、この名前がつきました。学名をフェリナス・リンテウスといい、古くから漢方薬として使われていました。なお、韓国では医薬品としても認められています。

βグルカンとメシマコブとの関係は?

メシマコブには多糖類であるβグルカンが豊富に含まれています。1968年に行われたがん細胞増殖阻止率調査で96.7%のトップクラスの数値を出したので、抗がん作用が注目されるようになりました。

メシマコブに含まれているPL2という成分が、がんの予防や治療に効果があるとされています。

メシマコブにはβグルカンが格別多いわけではないようですが、刺激によって免疫力が高められることがわかっています。

そのため自然治癒力が高まって抗がん治療の効果を高め、体への負担を軽減してくれるとされてきました。ただし、メシマコブが含有するβグルカンはβ1,4Dグルカンに該当し、健康効果で注目されているβ1,3Dグルカンとは異なります。

具体的には、ナチュラルキラー(NK)細胞やリンパ球、マクロファージといった免疫細胞に働きかけてがんを抑制したり、抗がん剤の副作用を和らげる効果があることから、抗がん剤との併用をするケースが多いサプリです。

ほかにも抗アレルギーや膠原病予防、糖尿病予防などにも効果があるといわれています。

>>免疫力を高めると評判のβグルカン含有サプリメントを紹介<<

メシマコブ製品の選び方と摂取の仕方は?

メシマコブは幻のキノコと言われるほど天然物は希少です。そこでバイオテクノロジーを活用した栽培方法による人工栽培で、安定供給がはかられるようになりました。

メシマコブの栽培には、2つの方法があります。1つは「子実体」を培養する方法、もうひとつは「菌糸体」を培養する方法です。

メシマコブそのもの(子実体)を原料として粉末やエキスに加工したものには、メシマコブノールという抗酸化物質が含まれているのがわかっています。

この物質は菌糸体を培養したものには含まれていないので、製品を選ぶ際には子実体を加工したものか、培養品かを確認して選びましょう。

メシマコブには顆粒やエキス、錠剤、カプセル、お茶などいろいろあります。好みの方法で1日に3g程度を3回摂ります。特に空腹時の摂取が効果的です。

ただし、メシマコブには独特のにおいや味がありますから、苦手な人はカプセルなどがいいと思います。手軽に摂れるサプリを継続して摂ることが効果を引き出すポイントです。

健康食品のため副作用が出ることは少ないのですが、まれに下痢や胃の不快感、食欲不振、吐き気などが見られることがあるようです。卵アレルギーの人には湿疹などが起こることも。そういった場合には、飲む量を減らすなどして様子を見てみましょう。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法