腸内環境を整える

免疫力は、実は腸の状態に左右されています。ここでは、腸内環境を整えることで免疫力を高める方法を詳しく解説します。

腸内環境が免疫力を左右する

実は驚くべきことに、免疫をつかさどる免疫細胞の大半は腸内で作られています。

腸には腸内細菌というたくさんの細菌が住んでいます。腸内細菌の働きを大きく分けるとするならば、免疫機能内臓脂肪のコントロールです。

腸は、老廃物を排泄する手助けをしていると思っている人がほとんどでしょうが、実際は体にとって非常に大切な役割をもっています。

人は口から胃、胃から腸へと食べ物を送り、徐々に消化をしながら栄養を吸収しています。ただ、口から体内へ入ってくるのは食べ物だけではなく細菌も一緒に入り込んでいます。外からの侵入者である細菌は、病気の元となるものもたくさんいて、体はそれを腸で食い止めています。

つまり、腸で活発な免疫活動が起こっているのです。そのため腸内には体全体の6割くらいの免疫細胞がいるとされています。

すなわち、腸内環境を良くすることで、体の免疫活動を活発にすることができるのです。

体の免疫力を高めるには、腸内環境を整えてあげることが重要だといえます。

腸内環境が悪くなる原因

腸内環境は私たちの目には見えないものですが、健康維持のためには非常に重要な役割を果たしています。体全体の免疫系統のうち、7割は腸内にあるとされ、悪玉菌を駆逐し老廃物の排出を促す「善玉菌」の働きが特に重要となります。

腸内環境が悪化している時には、便秘や下痢、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返すなどといった不調が現れます。
排便の際に便の状態をチェックした時に、軟便や固い便が何日も続いたり、理想的な排便量が確保できない場合にも、腸内に何らかのトラブルがあると考えられます。

免疫力の低下という意味では、腹痛やお腹の調子が悪くなるといった症状のほか、口内炎についても非常に多くみられます。腸内環境の悪化から大腸がんのリスクも生まれるとされており、いかに腸内環境が健康に重要な役割を果たすかがわかります。
腸は消化器官の一部であるため、普段の食生活や生活習慣に大きく左右されます

以下からは、腸内環境が悪化する主な原因を紹介します。

動物性たんぱく質中心の食事

肉や魚など、動物性たんぱく質が中心の食事は、腸内に蓄積した老廃物を外に押し流す働きを阻害する要因となります。 動物性たんぱく質そのものはエネルギーの元になる重要な栄養素ですが、摂りすぎは腸内環境にとって逆効果であり、老廃物が蓄積したまま外に排出されにくくなります。

腸内は常に老廃物の少ない状態に保たれているのが理想ですが、そのためには野菜など食物繊維を含む食品をたっぷりと摂取することが大切です。 腸内環境に良い栄養素としては、ビタミンやミネラルなどがたっぷり含まれる果物や野菜、カルシウムなどを含む海藻類などを摂取すると良いとされています。

普段の食事が炭水化物や動物性たんぱく質だけでは栄養バランスが崩れた状態となり、消化器官の一つである腸にとってもバランスの崩れた状態をもたらしてしまいます。

便の状態をチェックせず放置する

便が適度に柔らかく、質も量も十分にある時は、便通が正しく訪れたと考えることができます。 しかしそれ以外の場合、特に固く少ない便しか出ない時には、腸内環境が悪化しているというサインであり、食生活や生活習慣に乱れがないかを振り返る必要があります。逆に軟便が続く場合には腸内環境が乱れているサインと考えられますので、お腹を冷やさないようにしながら刺激物の摂取を避け、ストレスを溜めないように心がけてみてください。

便の色や形などをいちいち確認しないという場合は、次回からこまめに状態をチェックし、腸内が正常に活動しているか確認してみてください。

乳酸菌不足

腸内で活動する細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」に分けられます。そのうち、腸に老廃物の蓄積などといった害を与えるものが悪玉菌であり、悪玉菌を減らしてくれるものが善玉菌になります。
乳酸菌はそのすべてが善玉菌で構成されており、ヨーグルトや乳酸菌飲料に大量に含まれています。それ以外の食品(発酵食品など)にも乳酸菌は含まれていますが、一度に大量の善玉菌を補おうとする場合、乳酸菌飲料やヨーグルトから摂取する方法がもっとも効率的です。

食品からまったく善玉菌を補わないとなると、悪玉菌が増殖しやすい環境が生まれます。特に肉類などの食習慣を続けていると、腸内では悪玉菌が増え、乳酸菌不足と重なって、腸内環境の悪化を招きます。
便通が悪い、もしくは便の質が悪い方は、普段の食事を見直しつつ、乳酸菌をたっぷりと補えるように工夫をしてみてください。

化学物質の摂りすぎ

人体にさまざまな害をもたらすとされる化学物質。食品にも多量に用いられる場合があり、カップラーメンなどに使われる保存料や合成着色料などは、腸内環境の悪化につながると言われています。

カップラーメン以外にも、インスタント食品や化学調味料を大量に使った食品には、腸内環境を悪化させる要因が潜んでいると考えられます。

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるためによく言われているのが善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やすと便秘が解消されるといったことはよく知られていますが、それ以上に体の免疫力を高めてくれる効果があるのです。

代表的な善玉菌に乳酸菌があります。免疫力を高めるには、乳酸菌を摂取するか・腸内で善玉菌を増やすかということになります。

乳酸菌サプリを飲んだりヨーグルトなどの発酵食品を食べるのもいいでしょう。あまり知られていませんが、腸内細菌を増やすには、食物繊維も非常に良いとされています。食物繊維が腸の中で善玉菌を増やす手助けをしてくれるのです。

食物繊維はゴボウなどの野菜に多く含まれています。食物繊維は腸を刺激し、免疫力を高め、生活習慣病予防にも効果があります。

そしてもうひとつ腸内環境を整えるのに非常に役立つのが、ワカメなどに含まれているフコイダンという成分です。

フコイダンには、免疫細胞を活性化する働きがあることがわかっています。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法