無理なく続けたい 免疫力を高める運動

無理なく気軽に続けられる運動を日常生活に取り入れて免疫力を高める方法を、分かりやすくご紹介しています。

なぜ運動で免疫力が高まるのか

軽い運動が体にいいのはよく知られていますが、免疫力を高める効果があることは意外に知られていません。

運動が免疫力を高める理由には

  • 体温が上がる
  • 血流がよくなる

の2つがあります。

体温が平熱より1度上がることで、免疫力が約5倍に上がることがわかっています。

最近は低体温の人が多く、免疫力が低下している人が増えています。デスクワークが多く、移動のほとんどは車など便利になるにつれ、動くチャンスが減りつつあります。

がんが増えている原因は低体温にあるともいわれ、低体温の弊害が増えていることに警鐘がならされています。

運動をすると血行が良くなることは周知のとおりですね。

血流がよくなると、体内にできた疲労物質を排除しようと血液が活発に働き始めるため、代謝機能がアップします。

血管が拡張して新鮮な血液が全身に行き渡ることで、血液に含まれている免疫細胞も活発に働くのです。

どんな運動がいいのか

ひとことに運動といってもいろいろなものがありますが、免疫力を高めるのに最も効果的なのは、体に負担のかからない軽い運動だといわれています。

激しい運動はむしろ交感神経を刺激し、睡眠不足になったり過度の疲労を貯めこんで筋肉を傷めてしまう恐れがあります。

そこで、誰でもどこでもできる軽い運動法を紹介してみましょう。

背筋を伸ばす

デスクワークが多い人やスマホをいじる機会の多い人は、猫背や前かがみの姿勢になっている人が多いものです。

そうすると血流が悪くなり免疫機能がうまく働かなくなります。そこで簡単にできるのが背筋伸ばしです。

両手を組んで鼻から息を吸いながら背筋を伸ばすイメージで腕をゆっくり上へ伸ばします。

息を口から吐きながら右と左へそのまま倒します。最後に体を前にゆっくり倒して深呼吸します。

仕事の合間などにもできそうですね。

足の運動

屈伸や膝を左右に大きく広げるまた割り(床に座り、脚を開脚するストレッチ。体の柔らかい人は、その体勢から上半身を床につけてみましょう。)もオススメです。

腕の運動

  • 両方の腕をできるだけ大きく前後に振ります。この時肩甲骨を意識しましょう。
  • 腕を下向きに伸ばした状態で手首を上に反らせて反対の手でその手首を引き寄せるようにするのも簡単な方法です。

全身の運動

  • 両手を組んで頭上へ伸ばし、空中で8の字を描くように動かします。
  • 椅子に座った状態で、腰を前後左右に動かすのも血行促進に効果的です。
  • タオルの両端を両手で持ちながら体を伸ばしたり、体をひねったり、前かがみになるストレッチも効果的です。

どの運動にも共通していえるのが、凝り固まった筋肉をしっかり伸ばしてあげるということです。

特に、病気の治療中や治療後の免疫力が非常に低下している人は、無理をしてはいけません。

むしろ体力も免疫力も落ちている状態で、激しい運動をすることは、無理をさせてしまうことになります。

ですから、このような簡単なストレッチの中からできることを取り入れることで、少しずつ免疫力を高めていくことを心がけましょう。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法