免疫力は体温を上げるとあがる?

免疫力を上げる方法にはいくつかあり、その中でも体温が上がると免疫力も上がるという説は有名ですが、本当に体温と免疫力は比例するものなのでしょうか?日本人の平熱や体温の測り方、体温と免疫力の関係と体温を上げる方法についてご説明していきます。

体温の正しい測り方を知ろう

あなたは、ご自分の平熱が何度かご存じでしょうか?現代人は、昔の人に比べて平熱が低めの傾向にあるそうです。

しかし、昔に比べて体温計の種類も増えていますし、計測の仕方も複数の方法があります。昔の体温計は水銀を使用したものが主流で、計測に10分程度の時間はかかりますが、その精度の高さが特徴です。

現在では、電子体温計が主流ですが、大きく分けて予測式と実測式のものがあります。予測式とは、脇の下で1〜2分で計測する方法で、温度センサーで感知した数値を基に、約10分後の平衡温度を予測して表示するものです。そのため、正確な体温が計測できるとは限らず、正確に計測するには10分以上脇の下にはさみ続ける必要があります。

ほかにも、口の中(舌下)で5分かけて計測する方法や、耳の穴で測る方法もあり、それぞれ少しずつ測定値に差があります。また、脇の下で計測する場合にも、正しい位置・向きなどで測らないと正しい数値を知ることもできません。

一般的に、日本人の平均体温は、脇の下で測った場合、36.55℃〜37.23℃と言われていますが、平熱を測る習慣のない人や、正しく熱を測れていない可能性もありますので、まずは、自分の平熱がどれくらいか、正しい方法で測ることから始めてみましょう。

基礎体温について

基礎体温とは、朝目覚めた時の安静時に計測した体温のことで、寝返りを打ったり前日にお酒を飲んでいたりするだけでも変化してしまうものです。そのため、基礎体温を計測するには、毎朝目覚めてすぐに寝た状態のまま体温計を使用できるようにしておく必要があります。

基礎体温は、女性の場合は、毎月通常0.3〜0.5℃の範囲で変動しており、高温期や低温期によって、妊娠しやすい時期を知ることができます。

このように、基礎体温は毎日変動するものですし、1日のうちでも食後や運動後で変動するので、自分が平熱だと思っているものが、正しい体温とは言えないことも多いのです。 ですから、体温の数値にこだわらず、体を冷やさない生活を心がけることが、健康な体への近道と言えます。

体温が上がると免疫力が上がる?

よく言われることですが、体温が下がると免疫力が下がり、35℃以下だとがん細胞が増殖しやすいというような情報も多いですね。ただ、体温と免疫力の関係については、具体的なことは解明されておらず、そもそも免疫力を確実に計測する方法もないのです。

風邪を引いて熱が高くなるのは、白血球の活動を活発にしてウイルスに抵抗するためでもあるので、その時に免疫力が高まるということはわかりますが、平熱を上げることでどれだけ免疫力が上がるのかは、確実なことは言えないのが現状です。

しかし、血流が良く、手や足の先まで温かい人というのは、女性に多く見られる冷え性などの症状がなく、生理痛や肩こり、頭痛なども少ない健康な人が多いということも事実です。

体を温めるような習慣は、ダイエットや健康には欠かせないものですから、免疫力を高めることだけではなく、血流を良くして代謝を上げ、痩せやすく太りにくい健康的な体を目指すことにつながります。体温を上げ、血流を良くして白血球の流れをスムーズにすることは免疫力アップにつながる可能性が高いので、なんとなく調子が悪い、キズが治りにくいという人は、体温を上げてみる価値はあるでしょう。

体温を上げる方法

体温を上げることは、毎日の生活習慣を見直すことから始まります。

運動

効果的に体温を上げて代謝をアップさせたり血流を良くするには、適度な運動が欠かせません。現代人は通勤や仕事で体を動かすことが減ってきているので、慢性的な運動不足になりやすく、その結果筋肉量が減って、体温も低下している傾向にあります。

筋肉量が増えると、身体の熱量が増えて体温が上がり、代謝がアップするので、免疫力も上がりやすくなると考えられます。激しい運動でなく、毎朝、太陽の光を浴びながら30分程度歩くような手軽に始められて継続できる運動がおすすめです。

食生活

身体を温めてくれる食材は、しょうがや根菜、ナッツ類や魚介類などいろいろありますが、バランスの良い食生活を適量食べることがもっとも効果的です。特に、体温の低い朝には、よく噛んでしっかり食事を摂ることが有効です。冷たい飲み物ばかり飲んでいると、身体の中から冷えてしまうので、常温の白湯や温かい飲み物も取り入れるようにしましょう。

ストレス

ストレスは万病の元。ストレス状態が続くと、自律神経やホルモンバランスが崩れて、血流が悪くなって低体温になってしまうこともあります。精神的なストレスも大きな問題ですが、エアコンの風が直接当たって身体が冷えるなどの外的ストレスも、無関係ではありません。

ストレスの元凶をなくすことは難しいですが、できるだけ負担を軽くしたり、ほかのところで改良できるような方法を検討してみてください。

βグルカンの効果に迫るサプリの一覧を紹介

病院頼みにしない!
病中病後の免疫力アップのすすめ

免疫力を高める救世主
βグルカン

免疫力アップを助ける注目の
βグルカンを含んだサプリ成分

βグルカンの効果に迫る
サプリの一覧を紹介

体の中の名医
万病に克つ免疫力とは

思い当たるのはどれ?
免疫力低下の原因

本当は防げた? 免疫力低下が
引き起こす症状と病気

健康を取り戻す!無理なく
できる免疫力を高める方法